ご利用のご案内
信用保険制度のしくみ

 信用保険制度の当事者は、(株)日本政策金融公庫(以下、「公庫」という。)と保証協会の二者です。

  • 公庫と保証協会は信用保険契約を締結し、この保険契約に基づき公庫は保証協会の保証に対して保険を引き受けます。
  • 保証協会は、公庫に保険料を支払います。
  • 保証協会が金融機関に代位弁済をしたときは、公庫に保険金請求を行います。
  • 保証協会は、信用保険の種類に応じて、代位弁済した元本金額の70%または80%を保険金として公庫から受領します。
  • 保証協会は、代位弁済した中小企業者からの回収金の一部を、保険金の受領割合に応じて公庫に納付します。