保証制度のご案内

経営者保証ガイドライン対応保証

ご利用いただける方

中小企業者であって、以下に掲げる(1)から(4)までの要件をすべて満たすもの

  1. 法人と経営者個人の資産・経理が明確に分離されていること
  2. 法人と経営者の間の資金のやりとりが、社会通念上適切な範囲を超えないこと
  3. 法人から適時適切に財務情報等が提供されており、本制度による保証付融資を実行後も提供すること
  4. 法人のみの資産・収益力で借入返済が可能であること
保証金額

2億8,000万円。
普通保険にかかる保証 2億円以内
無担保保険にかかる保証 8,000万円以内
中小企業者が組合等の場合は、4億8,000万円以内

保証割合

100%または80%(責任共有対象)

保証料率

0.45%~1.90%

資金使途

運転資金または設備資金

保証期間

一括返済の場合 1年以内
分割返済の場合 運転資金3年以内、設備資金5年以内
ただし、本制度によって保証付きの既往借入金を借り換える場合は3年以内(据置期間6か月以内を含む)

返済方法 一括返済または分割弁済
貸付形式 証書貸付又は手形貸付
担保 有担保要件以外は不要
保証人 保証人は不要
その他 中小企業者は年に1回、事業年度ごとに財務情報等を申込金融機関へ報告する必要あり。
(※特別な理由なく、資格要件申告書において確約した事項を守れない際には、連帯保証人を求める場合あり。)
添付書類

信用保証協会所定の申込資料の他、資格要件申告書が必要。

<< もどる